痙攣(けいれん)している|犬の症状別病気

お知らせ よくある質問 お問い合わせ マイページ 会員登録 サイトマップ
電話番号
痙攣(けいれん)している
犬に、こんな症状が出たら、こういった病気の可能性があるということを掲載しています。犬や猫は、我慢強いので、飼い主さんが、その病気の症状に早めに気づいてあげてくださいね。
 
必見! 犬(子犬)を飼う前に、ご覧ください←こちらをクリック

「えっ!本当に犬を飼っているの?全然、におわないよ~」 その理由は?
 

いい子犬.jp ペット飼育コンサルタント 河村充(みつる)
「動物は、痛くても、苦しくても、話せません。 

飼い主のあなたが、いち早くこういった病気に気づいてあげることが大切です」

いい子犬.jp
ペット飼育コンサルタント 河村充(みつる)
痙攣(けいれん)している
ふるえているのではなくて、痙攣(けいれん)している時には、以下のような病気を考えてみてください。


考えられる病気

・低体温症

・尿毒症

・脳の異常

・神経の異常

・ジステンパー

・破傷風

・低血糖症

・中毒

などが考えられますので、早めに獣医師に診てもらってください。 尚、その際は、いつ頃から、どのように変なのかといった症状をメモしたり、動画で撮影しておくと、獣医さんも診断しやすくなります。

犬の症状別病気

吐いてしまった

下痢をしている

便秘になっている

おしっこの異常

血が出ている

呼吸がおかしい

咳(せき)をしている

熱が出ている

ふるえている

痙攣(けいれん)する

歩き方が、なんだかおかしい

脱水症状?

よく水を飲む

よだれが、ひどい

最近、元気がない

やせてきた

太ってきた

脱毛が多い


かゆがっている


目やにや、涙が多い

耳をよくかく


チアノーゼになる

犬の症状別病気に戻る

■「また、このページにこようかな?」と思ったら、こちらをクリック→【お気に入りに追加する】
■「こういったの友達が探していたな~、知らせてあげよう」→【このホームページを友達に教える】


福岡市内の動物病院一覧



ワンちゃんの為に、もっと「病気について」勉強したいかたは、この本で!
選りすぐりの10冊は、ここをクリック


【プライバシーの保護】
いい子犬.jpでは、お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所、氏名、メールアドレス、など)を、いい子犬.jp以外の第三者に譲渡または開示するようなことは決して致しません。どうぞ安心してご利用下さい。


TEL
FAX番号
  • FAX注文
メール
  • メールフォーム